わいせつ事件でお困りの方へ

親告罪のわいせつ事件の場合は、被害者と示談が成立すれば、警察の取り調べがストップし、留置場から直ちに釈放されます。また、告訴が取り消されるため、ご相談者にはわいせつ罪の前科がつかないのです。弁護士が工夫することで、示談金を安く済ませることができるケースも多いです。

わいせつ事件は示談が成立すれば起訴されないケースが多いです。

わいせつ事件が起訴されなければ、ご相談者にはわいせつの前科がつきません

前科がつかなければ、その後の社会復帰がスムーズです。家族や職場にバレないことで、日常の暮らしに復帰できることも多いです。

わいせつ事件を示談や不起訴で解決することで、今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。