▼アトム弁護士事務所で力添えできる強制わいせつの弁護士相談例
いま、強制わいせつに詳しい刑事弁護士を探し回っています。実は4日前、横浜市泉区下和泉二丁目で生活していて、医薬品小売業関連の団体に所属する義理の弟が強制わいせつの容疑者として通常逮捕されました。義理の弟が逮捕されているところは栄警察署で、被害者とされる通勤女性に自分の局部を掴ませた様です。不安で仕方なくて自分で調べた感じでは、強制わいせつ罪は刑が重い一方で、被害者と示談を締結して宥恕を得ることで不起訴でお咎めを受けないという事実を知りました。この度の騒動を必ず不起訴という形で有罪判決を受けずに終了させる為に、どのようにしたらいいか、強制わいせつの示談交渉を熟知している刑事弁護士からご教示頂きたいと思っています。見込まれる示談金や慰謝料の金額についても同時に、刑事弁護士に教えてもらいたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。