▼アトム弁護士事務所で対応ができる強制わいせつの弁護士相談例
今、強制わいせつ罪を熟知している弁護士の人を探し回っています。実は先週の土曜日、名古屋市熱田区六野二丁目に家を構えていて、半導体素子製造業に関する組織に勤務している幼馴染が強制わいせつ罪の容疑で逮捕されました。幼馴染が逮捕されている場所は中村警察署で、被害に遭われた方とされる会社勤めの女性の胸を揉んだそうです。居ても立ってもいられず自分で聞いて回ったら、強制わいせつは重大犯罪である一方で、被害に遭われた方と示談を締結して堪忍してもらうことができれば不起訴で罪を問われないことを知りました。今度の事を必ず不起訴という形で刑務所に行かずに終わらせる為に、どうすればいいか、強制わいせつ罪の示談交渉の知識がある弁護士の人のアドバイスがほしいと思っています。予期される示談金や慰謝料の額についても併せて、弁護士の人に教えてもらいたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。