▼アトム弁護士事務所で取り扱い可能な強制わいせつの弁護士相談例
今、強制わいせつ罪に詳しい刑事弁護士を求めています。実は昨日の朝、東京都江戸川区篠崎町7丁目に家を構えていて、小麦粉製造業関連の組織に在籍する友人が強制わいせつ罪の疑いで取抑えられました。友人が逮捕されている場所は代々木警察署で、被害者の方に当たる女子大生に自分の局部を握らせたそうです。居ても立ってもいられず自分なりにリサーチした結果、強制わいせつ罪は重罪である一方で、被害者の方と示談を締結して赦してもらう事で不起訴でお咎めを受けないことが判明しました。この度の事を絶対に不起訴という形で有罪判決を受けずに終了させたいので、どう動くべきか、強制わいせつ罪の示談に通じている刑事弁護士に相談したいと考えています。必要になってくる示談金や慰謝料の額についても加えて、刑事弁護士に教えてもらいたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。