▼アトム弁護士事務所で取り扱い可能な強制わいせつの弁護士相談例
いま、強制わいせつ事件の知識がある刑事弁護士を求めています。実は先週の金曜日、東京都荒川区荒川2丁目で生活していて、飲食料品小売業関連の企業に従事する友人が強制わいせつ事件の容疑者として確保されました。友人が逮捕されているのは丸の内警察署で、被害者とされる女の子の下着の中に手を入れたとのことです。居ても立ってもいられず自力で検索してみた感じでは、強制わいせつ罪は刑が重いものの、被害者と示談して宥恕を貰うことができれば不起訴で終われることを突き止めました。今度の件を必ず不起訴という形で処罰されずに終わらせる為に、どのようにしたらいいか、強制わいせつ事件の示談交渉の経験豊富な刑事弁護士に聞きたいと思っています。必要な示談金や慰謝料の金額に関してもその時に、刑事弁護士に教えてもらいたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。