▼アトム弁護士事務所で取り扱い可能な強制わいせつの弁護士相談例
いま、強制わいせつ事件を熟知している刑事弁護士を探しています。実は4日前、横浜市戸塚区平戸三丁目に住んでいて、銘板製造業関連の会社に在勤する幼馴染が強制わいせつ事件の容疑者として捕まえられました。幼馴染が逮捕されているところは南警察署で、被害者とされる通勤女性に自分の局部を握らせたとのことです。居ても立ってもいられず独自に検索してみたところ、強制わいせつは刑罰が重い一方で、被害者と示談を締結して許してもらう事で不起訴で咎められないことを突き止めました。今回の騒動を何としても不起訴という形で刑務所に行かずに終息させる為に、どのようにしたらいいか、強制わいせつ事件の示談の経験豊富な刑事弁護士のアドバイスがほしいです。考えられる示談金や慰謝料の金額に関してもまとめて、刑事弁護士に教えてもらいたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。