▼アトム弁護士事務所で活動できる強制わいせつの弁護士相談例
今、強制わいせつを熟知している弁護士を調べています。実はきのう、名古屋市中川区八熊一丁目で生活していて、真空装置製造業関連の会社組織に所属する末っ子が強制わいせつの容疑者として御用になりました。末っ子が逮捕されているところは港警察署で、被害者の方に当たる20代の女性の胸を直接触ったらしいです。これからどうなってしまうのか心配で独自にググってみた感じでは、強制わいせつは法定刑が重い一方で、被害者の方と示談をして赦してもらうことで不起訴で罪を問われないという実情を知りました。この度の騒動をどうしても不起訴で穏便に終息させたいので、何をすべきか、強制わいせつの示談交渉に強い弁護士の助言がほしいと考えています。必要になってくる示談金や慰謝料の額に関しても併せて、弁護士に教えてもらいたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。