▼アトム弁護士事務所で受付可能な強制わいせつの弁護士相談例
いま、強制わいせつ罪の知識がある弁護士先生を探し回っています。実は先週の火曜日、大阪市東成区深江南三丁目に家を構えていて、内水面漁業関連の組合で仕事をする夫が強制わいせつ罪の容疑者としてパクられました。夫が逮捕されているところは西成警察署で、被害者に当たる事件現場近所の女学生の下着の中に手を入れた様です。本人のことが心配で自分なりに調べ尽くした感じでは、強制わいせつ罪は処罰が重いものの、被害者と示談をして容赦してもらうことで不起訴の処分になることが判りました。今度の騒動を必ず不起訴で裁判にならずに片付ける為に、どうすべきか、強制わいせつ罪の示談交渉に精通している弁護士先生の助言がほしいと思っています。予測される示談金や慰謝料の額に関しても重ねて、弁護士先生に尋ねたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。