▼アトム弁護士事務所で対応ができる強制わいせつの弁護士相談例
今、強制わいせつ罪に精通している弁護士の人を求めています。実は先週の土曜日、横浜市緑区東本郷町に家を構えていて、窯業原料用鉱物鉱業(耐火物・陶磁器・ガラス・セメント原料用に限る)関係の会社で仕事をする幼馴染が強制わいせつ罪の被疑者として拘束されました。幼馴染が逮捕されているところは保土ケ谷警察署で、被害に遭われた方に当たる女学生に自分の陰部を触らせたみたいです。居ても立ってもいられず自分で調べたら、強制わいせつ罪は処罰が重いものの、被害に遭われた方と示談をして宥恕を貰うことで不起訴で解決できるという実情を知りました。今回の事をどうしても不起訴で刑務所に行かずに終了させる為に、どうすればいいか、強制わいせつ罪の示談を熟知している弁護士の人に教えてほしいと考えています。予期される示談金や慰謝料の額についても一緒に、弁護士の人に尋ねたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。