▼アトム弁護士事務所で対応可能な強制わいせつの弁護士相談例
いま、強制わいせつ罪に精通している弁護士の人を求めています。実は今週の月曜日、名古屋市千種区松軒一丁目に家を構えていて、配電盤製造業関係の会社組織に所属する馴染が強制わいせつ罪の疑いで連れて行かれました。馴染が逮捕されている場所は東警察署で、被害に遭われた方に当たる事件現場近所の女子高生に自分の陰部を触らせたみたいです。本人のことが心配で自分なりに調べ尽くしたら、強制わいせつは刑が重い一方で、被害に遭われた方と示談を締結して許しを得ることで不起訴になることを突き止めました。今回の件を絶対に不起訴で刑罰を受けずに収束させたいので、どうすべきか、強制わいせつ罪の示談の経験豊富な弁護士の人のアドバイスがほしいと考えています。必要になってくる示談金や慰謝料の額に関しても併せて、弁護士の人に教えてもらいたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。