▼アトム弁護士事務所で対応ができる強制わいせつの弁護士相談例
いま、強制わいせつ罪の経験豊富な弁護士の人を探しています。実はつい先日、名古屋市緑区ほら貝一丁目に家を構えていて、パルプ装置製造業分野の組合に勤務している親友が強制わいせつ罪の被疑者として引っ捕らえられました。親友が逮捕されているところは港警察署で、被害者とされる事件現場近所の女学生の下着の中に手を入れたそうです。これからどうなってしまうのか心配で自力で検索してみた結果、強制わいせつは刑が重いものの、被害者と示談をして宥恕してもらう事で不起訴で終了できるという実情を知りました。この度の事を何が何でも不起訴という形で刑罰を受けずに収束させる為に、どう動くべきか、強制わいせつ罪の示談交渉に精通している弁護士の人に聞きたいです。考えられる示談金や慰謝料の金額についても重ねて、弁護士の人に尋ねたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。