▼アトム弁護士事務所で取り扱いできる強制わいせつの弁護士相談例
いま、強制わいせつを熟知している弁護士先生を探し回っています。実は今日の朝、名古屋市緑区鴻仏目二丁目で暮らしていて、電気通信に附帯するサービス業に関する組合で職務につく兄弟が強制わいせつの容疑で引っ捕らえられました。兄弟が逮捕されている場所は瑞穂警察署で、被害者とされる女子高校生の下着の中に手を入れたらしいです。居ても立ってもいられず自分なりにリサーチした感じでは、強制わいせつは処罰が重い一方で、被害者と示談して許してもらうことで不起訴で罪を問われないことを耳にしました。この度の騒動を是が非でも不起訴で前科がつかずに終了させたいので、どんな行動をとるべきか、強制わいせつの示談交渉の知識がある弁護士先生からご教示頂きたいです。見込まれる示談金や慰謝料の金額についてもまとめて、弁護士先生に教えてもらいたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。