▼アトム弁護士事務所で取り扱い可能な強制わいせつの弁護士相談例
いま、強制わいせつに通じている刑事弁護士を探し回っています。実は先日、横浜市港南区港南台九丁目に在住していて、プラスチック床材製造業関連の事業に勤務している馴染が強制わいせつの疑いで確保されました。馴染が逮捕されているのは鶴見警察署で、被害に遭われた方に当たる女学生に自分の局部を握らせたそうです。本人のことが心配で独自にネット検索したところ、強制わいせつは刑が重い一方で、被害に遭われた方と示談を締結して許してもらう事で不起訴で終了できることが判明しました。今度の件を何としても不起訴という形で穏便に終了させたいので、どうすべきか、強制わいせつの示談の知識がある刑事弁護士のアドバイスがほしいと思っています。考えられる示談金や慰謝料の金額に関してもまとめて、刑事弁護士に尋ねたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。