▼アトム弁護士事務所で活動可能な強制わいせつの弁護士相談例
今、強制わいせつ事件に精通している弁護士さんを求めています。実は先週の木曜日、名古屋市中川区水里五丁目に在住していて、電子応用装置製造業に関する法人で職に就くおじが強制わいせつ事件の疑いで取抑えられました。おじが逮捕されているのは名東警察署で、被害に遭われた方とされる若い女性に自分の陰部を触らせたそうです。居ても立ってもいられず自分で調べ尽くした結果、強制わいせつ罪は罪が重いものの、被害に遭われた方と示談を締結して宥恕を貰うことができれば不起訴でお咎めを受けないことに気付きました。今度の事を絶対に不起訴という形で有罪にならずに終息させたいので、どう行動すべきか、強制わいせつ事件の示談を熟知している弁護士さんのアドバイスがほしいと考えています。考えられる示談金や慰謝料の金額についても重ねて、弁護士さんに教えてもらいたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。