▼アトム弁護士事務所で取り扱いできる強制わいせつの弁護士相談例
今、強制わいせつ罪に通じている弁護士の人を探し回っています。実は一昨日、大阪市此花区四貫島一丁目で暮らしていて、プラスチック異形押出製品製造業関係の会社組織に勤めている兄貴が強制わいせつ罪の疑いで引っ捕らえられました。兄貴が逮捕されているところは都島警察署で、被害に遭われた方とされる事件現場近所の女学生に自分の局部を掴ませたみたいです。これからどうなってしまうのか心配で自分で検索してみた感じでは、強制わいせつは重罪である一方で、被害に遭われた方と示談して宥恕を貰う事で不起訴で咎められないことが判明しました。この度の事を何とか不起訴という形で処罰されずに終了させる為に、どうすべきか、強制わいせつ罪の示談交渉に強い弁護士の人からご教示頂きたいと思っています。予期される示談金や慰謝料の金額に関しても加えて、弁護士の人に尋ねたいです。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。