逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • わいせつ 千葉市の弁護士ガイド

わいせつ 千葉市の弁護士ガイド

千葉市で起きたわいせつ事件の対応は、アトム弁護士事務所新宿支部にお任せください。

フリーダイヤルは24時間365日おかけいただけます。携帯電話からも通話可能です。匿名・非通知でも結構です。お一人で悩まず、弊所にお電話ください。

アトム弁護士事務所新宿支部
所属 第二東京弁護士会
住所 東京都新宿区西新宿1-13-8
朝日新宿ビル8階
最寄り駅 JR線、小田急線、京王線、丸ノ内線の新宿駅(徒歩3分)
都営新宿線、都営大江戸線、京王新線の新宿駅(徒歩2分)
問い合わせ 0120−631−276
千葉県弁護士会
住所 千葉市中央区中央4−13−9
最寄り駅 JR千葉駅から徒歩約15分
京成千葉中央駅から徒歩約7分
千葉都市モノレ−ル県庁前駅から徒歩約3分
問い合わせ 043−227−8431

千葉市のわいせつ事件の弁護士無料相談

ご家族が逮捕・勾留中の方は、弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。千葉市のわいせつ事件でお悩みの方は、下記フリーダイヤルまでお電話ください。

muryosoudan-pctel-pc無料フォームで問い合わせる
kv-muryosoudan
kv-tel

千葉市のわいせつ事件の取り扱い

千葉市のわいせつ事件は、通常、千葉地方検察庁に送致され、千葉地方裁判所で裁判を受けることになります。

千葉地方検察庁
住所 千葉市中央区中央4−11−1 千葉第2地方合同庁舎
最寄り駅 千葉都市モノレ−ル「葭川公園駅」から徒歩3分
京成千葉線「千葉中央駅」から徒歩5分
JR内房線・外房線「本千葉駅」から徒歩8分
JR総武本線・内房線・外房線「千葉駅」から徒歩15分
問い合わせ 043−221−2071
千葉地方裁判所
住所 千葉県千葉市中央区中央4−11−27
最寄り駅 JR総武線・内房線・外房線千葉駅から徒歩15分
京成千葉線千葉中央駅から徒歩8分
問い合わせ 043−222−0165

千葉市のわいせつ事件の裁判例

事件名 強盗、強盗殺人、強制わいせつ、死体遺棄、恐喝、傷害、窃盗、強盗強姦、強盗傷人各被告事件
裁判所 千葉地方裁判所
事件番号 平成17年(わ)第18号/平成17年(わ)第39号/平成17年(わ)第76号/平成17年(わ)第78号/平成17年(わ)第144号/平成17年(わ)第145号/平成17年(わ)第191号/平成17年(わ)第284号/平成17年(わ)第564号
主文 被告人Y1及び同Y2を無期懲役に、同Y3を懲役14年に、同Y4を懲役13年にそれぞれ処する。
未決勾留日数中、被告人Y1及び同Y2に対し各190日を、同Y3及び同Y4に対し各150日を、それぞれその刑に算入する。被告人Y1から千葉地方検察庁で保管中の金属バット1本(平成17年千葉検領502号符号2)及び木刀1本(平成16年千葉検領4907号符号47のうち長さ約101cmのもの)を没収する。
わいせつの事実 被告人らは、午前5時ころまでの間、前記茂原市(省略)付近路上から前記トンネル内に至るまでの間を走行中の前記普通乗用自動車内及び同トンネル内において、前記第11の1(2)の強盗行為の際の暴行により反抗を抑圧されているapに対し、こもごも、パンティを引き下ろし、着衣をはぎ取るなどの暴行を加えた上、その陰部に手指を挿入し、乳房を手でもみ、さらに、同女の陰部に同女のブーツのヒール部分を挿入するなどしてこれをもてあそび、もって強いてわいせつな行為をした
事件名 強制わいせつ被告事件
裁判所 千葉地方裁判所
事件番号 平成16年(わ)第410号/平成16年(わ)第569号
主文 被告人は無罪。
わいせつの事実 被告人は、千葉県○○所在の○○小学校おおぞら学級教室において、M(平成6年○月○日生。当時10歳。以下「少女M」という)に対し、同女が13歳未満であることを知りながら、そのパンツ内に手指を差し入れてその陰部を触るなどしてもてあそび、もって13歳未満の女子に対しわいせつな行為をした
わいせつの事実 被告人は、前記○○小学校おおぞら学級教室において、Y(平成4年○月○日生。当時12歳。以下「少女Y」という)に対し、同女が13歳未満であることを知りながら、その両乳房を着衣の上からわしづかみにしてもてあそび、もって13歳未満の女子に対しわいせつな行為をした

千葉市のわいせつ事件に対応しています。

アトム弁護士事務所では、下記のような「千葉市のわいせつ事件」に対応しています。

先日、介護食士の父親が、公然わいせつの容疑で、被疑事実を明示する令状が出されたとして、千葉県警察に逮捕されました。その後、父の公然わいせつ事件は、千葉地検に送致され、千葉地裁の裁判官の判断により、供述を変転させているとして勾留になりました。逮捕と勾留や、留置場での面会電話について、弁護士に教えてほしいです。また、息子の介護食士の資格は取り消されますか?
助産師の弟が、痴漢・強制わいせつの嫌疑で、誰何されて逃走しようとするとして、千葉県警察に準現行犯逮捕されました。その後、弟の痴漢・強制わいせつ事件は、千葉地検に送られ、千葉地裁の裁判官の判断により、やむを得ないとして勾留されました。逮捕とその後の生活変化や、留置場からの郵送に関して知りたいと思っています。また、息子の助産師の資格は取り消されますか?
製薬開発技術者の主人が、強制わいせつの疑いで、正当な理由があるとして、千葉県警察に逮捕されました。その後、主人の強制わいせつ事件は、千葉地検に送られ、千葉地裁の判断により、客観的な事実と矛盾する供述を繰り返しているとして勾留が決定されました。息子の製薬開発技術者の資格は取り消されますか?また、逮捕と刑務所の関係や、留置場の空調に関して、弁護士に相談したいです。
先日、気象予報士の父が、公然わいせつの刑事事件で、必要な取り調べを行う必要があるとして、千葉県警察に逮捕されました。その後、父の公然わいせつ事件は、千葉地検に送られ、千葉地裁の裁判官の判断により、身柄を拘束しなければならない積極的な必要性があるとして勾留されました。逮捕と会社をクビになる可能性の関係や、留置場と喫煙に関して、弁護士に相談したいです。また、息子の気象予報士の資格は資格停止になりますか?
製薬開発技術者の主人が、強制わいせつの疑いで、正当な理由があるとして、千葉県警察に逮捕されました。その後、主人の強制わいせつ事件は、千葉地検に送られ、千葉地裁の判断により、客観的な事実と矛盾する供述を繰り返しているとして勾留が決定されました。息子の製薬開発技術者の資格は取り消されますか?また、逮捕と刑務所の関係や、留置場の空調に関して、弁護士に相談したいです。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

facebook

わいせつ事件の弁護士活動

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017