逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • わいせつの被害者がすべきことは?

わいせつの被害者がすべきことは?

わいせつ事件の被害者として、

  • 被害者の気持ちはどうなるの…
  • その後に謝罪はあるのか…
  • 賠償金などのお金はどうなるの…

とお悩みの方へ。もう大丈夫です。

弁護士に相談すれば、被害者として何ができるのか正確に把握することができます。

わいせつの被害者が主張できる内容は?

わいせつ事件の被害に会った人が、加害者に対して、十分な謝罪や賠償を求めることは、人の心理として当然です。

わいせつ事件の被害に遭い、警察から事情聴取を受けても、そのまま事件を放置すれば、何ら謝罪も賠償も受けられないことが多いです。

警察等が関与する刑事手続は、加害者に対する刑罰の有無及び程度を審査する法的手続きで、被害者に対する損害賠償の有無及び程度を審査する法的手続きではないからです。

加害者側から自発的な謝罪や賠償の提案がない場合は、被害者自ら、加害者に対して損害賠償を請求する必要があります。

わいせつ事件と被害者側の主張
強制わいせつ 公然わいせつ
刑事手続 厳罰を主張する
→ 執行猶予ではなく実刑を主張する。
厳罰を主張する
→ 略式手続ではなく正式裁判を主張する。
民事手続 損害賠償請求
→ 強制わいせつされたことに対する慰謝料等を請求する。
損害賠償請求
→ 性器を見せられたことに対する慰謝料等を請求する。

わいせつ被害の賠償金や示談金については、民事裁判になれば一定の相場が存在します。しかし、法的手続きを利用しない話し合いの場では、賠償金や示談金の金額を決めるのは、当事者間の合意によります。

このような相談に対応しています。

当事務所では、わいせつの被害者からの、次のような相談に対応しています。

先日、強制わいせつの被害に会いました。犯人は警察に捕まり、私は被害者として調書の作成に協力しました。そのため、会社を何日か休まねばならず、多大な心労を負いました。強制わいせつの被害者として、犯人に慰謝料を請求したいと考えています。また、謝罪もまだ受けていません。弁護士に相談すれば、何かよい方法は見つかりますか?
この前、公然わいせつの被害に会いました。夜中、帰り道を歩いていたら、突然、目の前に裸の男性が立ちはだかったのです。私は怖くなって、走って逃げ、警察に通報しました。公然わいせつの被害者として、私は何を主張することができますか?賠償金や示談のお金を請求することは可能ですか?弁護士に相談したいです。
電車の中でわいせつ行為をされました。私は被害者ですが、被害を申告すれば、私のプライバシーも公になるのではないかと恐れています。わいせつの被害者としてすべき行為は何でしょうか?警察に通報した方がよいでしょうか?犯人からは謝罪がないので被害者の気持ちをわかっていないと思っています。わいせつの被害者の弁護士相談をお願いしたいです。

わいせつ事件を弁護士に無料相談

弊社では、わいせつ事件に巻き込まれてしまった被害者の方からの弁護士相談に対応しています。

まずは、フリーダイヤルまでお問合せください。24時間365日、専属スタッフがお待ちしております。携帯からの電話、番号非通知の電話もつながります。匿名相談のご希望も承ります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

facebook

わいせつ事件の弁護士活動

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017