逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • わいせつ 示談をしてほしい

わいせつ 示談をしてほしい

わいせつ事件の示談に関して、

  • 示談金の相場はいくらだろう…
  • 示談書の書き方は…
  • 示談の謝罪文の書き方は…

とお悩みの方へ。もう大丈夫です。

弁護士に相談することで、事件の蒸し返しを防ぐのに役立つ適切な内容の示談書を作成することができます。
また、弁護士に示談交渉を依頼することで、適正な金額で示談をまとめられるケースも多いです。

わいせつの示談を成功させるのに大切なことは?

わいせつ事件を起こしてしまった方が、できることなら相手と示談をして、トラブルを穏便に解決したいと願うのは、人の心理として当然のことだと思います。

では、わいせつ事件で示談を成功させたい場合には、何をするのが最善なのでしょうか?

わいせつ事件と示談
強制わいせつ 公然わいせつ
賠償 加害者が被害者に損害賠償をすること ※公然わいせつ事件は、直接の被害者がいない場合でも成立する犯罪なので、示談が問題にならないケースも多い。
示談 損害賠償に関する債権関係を清算すること
宥恕 被害者が加害者の強制わいせつ行為を許すこと

わいせつ事件で示談を締結するためには、弁護士を立てるのが最善です。弁護士であれば、憤慨する被害者とも、比較的スムーズに話し合いを進めることができるからです。

また、被害者の連絡先が分からない場合でも、弁護士を立てれば、捜査機関から被害者の連絡先を入手できるケースも多いです。

わいせつ事件の場合は、「わいせつの加害者本人とは二度と会いたくないが、弁護士であれば会ってもよい」という被害者の方も多いです。

弁護士を立てた後は、その後の話し合いをすべて弁護士に一任することができます。示談金の金額を含む示談条件の話し合いや法律的にミスのない示談書の作成など、難しい話はすべて弁護士に任せることができます。

わいせつ事件と示談の流れ[まとめ]
弁護士を選任する 被害者の連絡先が分からない場合は、捜査機関から被害者情報を聞くためにも、弁護士を選任する必要があります。
被害者と会う 弁護士が直接被害者と面談します。示談交渉に慣れた弁護士の方が、その後の話し合いがスムーズに進みます。
示談条件を話し合う 示談金の金額や支払期限、その他の示談の条件を話し合います。合意した示談条件は示談書に盛り込みます。
示談書を作る 弁護士が示談書を作成します。ご自身で作成する場合と比べて、法的に確実な示談書を作成することができます。
示談金を振り込む 示談書に記載された期限までに、示談金を支払います。示談書の作成と同時に、現金を交付するケースもあります。

なお、示談はあくまで当事者間の話し合いでトラブルを解決するものです。示談金の金額についても、明確な相場というものはありません。示談金の金額は、あくまで個別の具体的なケースにおいて、その時の当事者間の合意で決定されることになります。

わいせつ事件と示談金の相場[まとめ]
示談金の金額 結果
強制わいせつ事件 30万円で示談成立 不起訴
強制わいせつ事件 100万円で示談成立 不起訴
強制わいせつ事件 150万円で示談成立 不起訴
強制わいせつ事件 70万円で示談成立 不起訴
強制わいせつ事件 130万円で示談成立 不起訴
強制わいせつ事件 40万円で示談成立 不起訴
強制わいせつ事件 110万円で示談成立 不起訴
強制わいせつ事件 90万円で示談成立 不起訴
公然わいせつ事件 30万円で示談成立 不起訴
公然わいせつ事件 20万円で示談成立 不起訴
公然わいせつ事件 50万円で示談成立 略式罰金

このような相談に対応しています。

当事務所では、わいせつ事件と示談に関連して、次のような相談に対応しています。

わいせつ示談の相場が知りたいです。夫がわいせつ事件を起こして、被害者から慰謝料を請求されています。精神的損害に対する賠償という名目のようですがわいせつ事件の示談金や慰謝料の相場はどれくらいですか?
公然わいせつ事件でも示談をすれは不起訴になることはできますか?公然わいせつ事件だと、性器を見せた相手と示談をしても、あまり意味がないという意見もあります。示談を弁護士にお願いするなら、どのような弁護士が良いですか?
強制わいせつ示談に関して弁護士に相談したいです。示談で強制わいせつトラブルを解決するには、どのような弁護士に弁護活動を依頼するのが良いですか?私としては、示談がまとまって不起訴になれば、示談金の金額については特に問題にしていません。

よくある弁護士相談

電車内で痴漢をしていたところ、捕まってしまいました。朝の通勤電車内にミニスカートを履いていた女性がいたので、近づいて斜め後ろから触ってしまったのです。

最初はスカートの上から撫でるように触りましたが、女性が抵抗しなかったので、最終的にスカートの中に手を入れて、下着の上からお尻を触りました。そうしていたら、横の男性に腕を掴まれて、次の駅で降ろされ、駅事務室に連れていかれ、その後警察署に連行されました。

警察では、粘着テープで手から繊維を採られたので、言い逃れできないと思い、自分の犯行を認めました。そのまま強制わいせつという罪で逮捕され、勾留もされてしまいました。

仕事は欠勤しており、当座は体調不良ということで伝えていますが、いつまでも欠勤できません。示談をして、早く釈放されたいです。

よくある解決パターン

妻がアトムに依頼してくれて、弁護士がすぐに接見に来てくれました。事情を話し、早く仕事に復帰したい旨を伝えました。

弁護士は早速検察官から相手女性の情報を聞き、女性と連絡をとって示談交渉を進めました。弁護士が、私が通勤経路と通勤時間帯を変えることや、もし偶然出会ってしまった場合にはすぐに半径50メートルより外に離れること、私の謝罪の気持ちなどを伝え、粘り強く交渉してくれました。

その結果、女性は示談に応じてくれて、告訴も取り消してくれました。弁護士は告訴取消書という書面をすぐに検察官に提出してくれたので、私はその日のうちに釈放されることができました。

おかげで、仕事も、体調不良という理由が怪しまれない日数の欠勤で済み、今も勤め続けられています。刑事的な処分も、不起訴になりました。早く示談をまとめてもらえて、本当によかったです。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

facebook

わいせつ事件の弁護士活動

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017