逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • わいせつで自首したらどうなる?

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更があります。詳しくはこちらをご覧ください。

わいせつで自首したらどうなる?

わいせつ事件の自首に関して

  • 自首したら逮捕されないか…
  • 自首で不起訴になるか…
  • 自首したら報道されるか…

とお悩みの方へ。もう大丈夫です。

わいせつ事件の自首について、弁護士に相談すると、自首のメリットとデメリットを正確に把握することができ、悩みが解消できます。

わいせつ事件で実名報道を避けるためには?

わいせつ事件を起こしてしまい、夜な夜な不安な思いに駆られ、警察に自首しようかと考えることは、人の心理として当然だと思います。

自首に際して一つ念頭において置かなければならないことは、自首をしたからといって、必ず、逮捕や家宅捜索を免れたり、不起訴になったり、報道されなかったりするわけではない、ということです。

言い換えれば、自首をしても、逮捕される時は逮捕されるし、起訴される事件は起訴されるし、報道される事件は報道されるということです。

わいせつ事件と自首
強制わいせつ 公然わいせつ
自首なし 後日逮捕の可能性あり
→ 証拠次第で逮捕の可能性があります。
後日逮捕の可能性小
→ 公然わいせつは現行犯逮捕が一般です。
自首あり 後日逮捕の可能性あり
→ 自首をしても逮捕の可能性は残ります。
後日逮捕の可能性小
→ 公然わいせつは現行犯逮捕が一般です。

もっとも、刑法42条は、「罪を犯した者が捜査機関に発覚する前に自首したときは、その刑を減軽することができる。」と定め、自首を理由とした刑の減軽を認めています。

わいせつ事件の自首を検討している方は、自首の前に一度、専門の弁護士までご相談ください。ご相談者のわいせつ事件において、警察に出頭する前に、自首することのメリットとデメリットを正しく知ることができます。

なお、自首と単なる出頭は同じではありません。法律上の「自首」と認定されるためには、捜査機関に発覚する前に出頭しなければなりません。捜査機関に発覚した後に自ら出頭しても、法律上の「自首」には該当しません。

このような相談に対応しています。

当事務所では、わいせつ事件の自首に関して、次のような相談に対応しています。

わいせつ行為を起こしてしまいました。まだ警察には知られていませんが、防犯カメラに写っているのではないかと不安でなりません。毎日こんなに不安であるのなら、いっそ自首したいと考えています。わいせつ事件の自首に弁護士が同伴することのメリットについて知りたいです。自首をすれば逮捕されない、不起訴になるというのは本当でしょうか?
強制わいせつ事件を自首したいと考えています。警察に強制わいせつの事件が知られているかは分かりません。数ヶ月前の事件ですが、いつ逮捕されるのかと不安でなりません。弁護士さんと一緒に警察署に行き、強制わいせつの件をすべて話したいと考えています。自首をしてぜひとも家宅捜索を回避したいです。相談お願いします。
路上で公然わいせつした件が防犯カメラに写っていて、後日逮捕されるのではないかと不安です。弁護士と一緒に公然わいせつを自首すれば、逮捕されることはないですか?また、自首をすれば報道されることもないと聞いています。わいせつの自首について弁護士に無料相談したいです。

わいせつ事件を弁護士に無料相談

わいせつ事件など刑事事件で逮捕されしまった方のご家族は、弊所弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。

まずは、フリーダイヤルまでお問合せください。24時間365日、専属スタッフがお待ちしております。携帯からの電話、番号非通知の電話もつながります。匿名相談のご希望も承ります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

facebook

わいせつ事件の弁護士活動