逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 準強制わいせつ罪とは

準強制わいせつ罪とは

準強制わいせつ罪は、人の心神喪失もしくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させもしくは抗拒不能にさせてわいせつな行為をした者を処罰する犯罪です。

準強制わいせつ罪は、刑法第178条1項に規定されています。また、刑法第176条と同じ刑罰が課されます。準強制わいせつ罪の刑は6月以上10年以下の懲役となります。

準強制わいせつ罪[まとめ]
条文 刑法178条
手段 心神喪失・抗拒不能に乗じて
心神喪失 精神の障害によって、正常な判断力を喪失している状態のこと
抗拒不能 心神喪失以外で、心理的・物理的に抵抗することが不可能またはきわめて困難なこと
故意 被害者が心神喪失・抗拒不能状態にあることを、行為者が認識していることが必要
法定刑 6月以上10年以下の懲役

準強制わいせつ罪と強制わいせつ罪との関係

行為者が、暴行・脅迫によって、被害者を心神喪失又は抗拒不能状態にしてわいせつな行為をした場合には、刑法176条の強制わいせつ罪が成立し、準強制わいせつ罪は成立しません。

また、相手が13歳未満の者の場合、手段・状態を問わず、行為者がわいせつな行為をした場合には刑法176条の規定が適用されます。

従って、刑法178条の準強制わいせつ罪が適用される場面としては次の2つの場合です。
①13歳以上の者に対し、その心神喪失又は抗拒不能状態に乗じわいせつな行為をした場合
②13歳以上の者に対し、暴行・脅迫によらずに、心神喪失又は抗拒不能にして、わいせつな行為をした場合になります。

心神喪失・抗拒不能の意味

心神喪失とは、精神の障害によって、正常な判断力を喪失している状態のことをいいます。

また、抗拒不能とは、心神喪失以外で、心理的・物理的に抵抗することが不可能またはきわめて困難なことをいいます。

心神喪失又は抗拒不能の状態を利用した例

・被害者が高度の精神遅滞の状態にあるのを利用した場合
・睡眠中であるのを利用した場合
・泥酔状態にあるのを利用した場合
・被害者に密かに睡眠剤を飲ませ、あるいは催眠術を使うなどして、心神喪失・抗拒不能状態にさせたような場合
以上は、いずれも、被害者がわいせつ行為の行われることについて認識できない場合です。

準強制わいせつ罪の故意

準強制わいせつ罪が成立するためには、被害者が心神喪失・抗拒不能状態にあることを、行為者が認識していることが必要となります。

よって、行為者が自分の行うわいせつ行為について、被害者の承諾があると誤信していたような場合には、準強制わいせつ行為についての故意を欠くことになります。

もっとも、行為者自らが被害者を心神喪失・抗拒不能にさせた場合は、誤信したと認められるには特別の客観的事情の存在が必要となります。

わいせつ事件を弁護士に無料相談

わいせつ事件など刑事事件で逮捕されしまった方のご家族は、弊所弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。

まずは、フリーダイヤルまでお問合せください。24時間365日、専属スタッフがお待ちしております。携帯からの電話、番号非通知の電話もつながります。匿名相談のご希望も承ります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

facebook

わいせつ事件の弁護士活動

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017