逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • 公然わいせつ罪での逮捕と流れ

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更があります。詳しくはこちらをご覧ください。

公然わいせつ罪での逮捕と流れ

公然わいせつ事件で逮捕された場合は、逃亡や証拠隠滅をしないことを主張し、裏づけとなる証拠を集めることが重要です。起訴された場合は、適切な監督を受けて再犯に及ばないことを訴えることが重要です。

いずれも弁護士がついていればスムーズに行えるので、弁護士を立てることをお勧めします。

公然わいせつ罪の逮捕の種類
通常逮捕 現行犯逮捕
意味 事前に裁判官から発付された逮捕状に基づいて、被疑者を逮捕すること 現に罪を行い、又は現に罪を行い終わった者を逮捕すること
令状 逮捕状が必要 逮捕状は不要

逮捕に至るまで

ここでは、あなたが夜道で女性の前で、女性に対して陰部を露出したという事案を想定します。

女性が警察に通報し、犯人が捜査された結果、あなたに容疑がかかります。あなたは警察署へ呼び出しを受け、取り調べを受けることになります。取り調べで事件当夜のアリバイ等を訊かれ、返答に窮した結果、犯行を自白したような場合、あなたに対する逮捕状が請求・発付され、あなたは逮捕されることになります。

逮捕後、勾留されるか

逮捕後に勾留されるかどうかは、あなたが逃亡したり証拠を隠滅したりするおそれがあるかによって判断されます。

逃亡のおそれに関しては、あなたがどんな仕事に就き、職場でどんな役職や役割を果たしているか、また家族がいるか、扶養しているかどうかなどが考慮されます。

証拠隠滅のおそれに関しては、あなたが目撃者の女性や、アリバイを証言してくれそうな関係者に働きかけるおそれがあるかなどが考慮されます。

これらの点に関して、捜査機関があなたに有利な事情を主張したり、有利な証拠を集めたりしてくれることは滅多にありません。あなたに有利な事情を主張し、有利な証拠を集めるためには、弁護人を立てるのが一番です。

弁護人を立てれば、あなたが勾留されないよう、検察官や裁判官に働きかけるだけでなく、勾留決定が出されたとしても、それに対して不服申し立てをすることまでしてくれます。

起訴されるかどうか

起訴されるかどうかは、あなたを今回の罪で処罰する必要があるかどうかなどを考慮して判断されます。

仮に事件が財産犯であれば、被害額を弁償することによって、被害は回復されているから処罰の必要性はないといいやすくなります。

これに対して、公然わいせつ事件では、損なわれた法益が健全な性秩序・性的風俗とう社会的な法益であるので、弁償による被害の回復というものが考えられません。そのため、被害弁償とは別の方法によって有利な情状を作り、不起訴を目指していくことになります。

公然わいせつ事件で考えられる有利な情状として代表的なのは、監督能力のある者による監督です。これによって、再犯の可能性が低いことを示せるからです。

親や妻など、すでに同居している人がいれば、その人に生活を監督していってもらいます。これまで一人暮らしだったときは、親元に戻るなど継続的な監督を受けられる環境に移ることが重要です。

わいせつ事件を弁護士に無料相談

わいせつ事件など刑事事件で逮捕されしまった方のご家族は、弊所弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。

まずは、フリーダイヤルまでお問合せください。24時間365日、専属スタッフがお待ちしております。携帯からの電話、番号非通知の電話もつながります。匿名相談のご希望も承ります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

facebook

わいせつ事件の弁護士活動