逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • わいせつ 京都市の弁護士ガイド

わいせつ 京都市の弁護士ガイド

京都市で起きたわいせつ事件の対応は、アトム弁護士事務所京都支部にお任せください。

フリーダイヤルは24時間365日おかけいただけます。携帯電話からも通話可能です。匿名・非通知でも結構です。お一人で悩まず、弊所にお電話ください。

また、京都弁護士会に問い合わせることで、京都市の弁護士について知ることができます。

アトム弁護士事務所京都支部
所属 京都弁護士会
住所 京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町8
京都三井ビル3階
最寄り駅 阪急京都線烏丸駅(徒歩0分)
烏丸線四条駅(徒歩0分)
問い合わせ 0120−631−276
京都弁護士会
住所 京都市中京区富小路通丸太町下ル
最寄り駅 地下鉄丸太町駅から徒歩7分
京阪神宮丸太町駅から徒歩12分
問い合わせ 045−231−2378

京都市のわいせつ事件の弁護士無料相談

ご家族が逮捕・勾留中の方は、弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。京都市のわいせつ事件でお悩みの方は、下記フリーダイヤルまでお電話ください。

muryosoudan-pctel-pc無料フォームで問い合わせる
kv-muryosoudan
kv-tel

京都市のわいせつ事件の取り扱い

京都市のわいせつ事件は、通常、京都地方検察庁に送致され、京都地方裁判所で裁判を受けることになります。

京都地方検察庁
住所 京都市上京区新町通下長者町下る両御霊町82番地 京都法務合同庁舎
最寄り駅 京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」(2番出口)から徒歩8分
京阪鴨東線「丸太町駅」から徒歩23分
問い合わせ 075−441−9131
京都地方裁判所
住所 京都府京都市中京区菊屋町
最寄り駅 地下鉄丸太町駅(徒歩5分)
問い合わせ 075−211−4111

京都市のわいせつ事件の裁判例

事件名 強制わいせつ致死、殺人被告事件
裁判所 京都地方裁判所
事件番号 平成21年(わ)第519号
主文 被告人を無期懲役に処する。
未決勾留日数中300日をその刑に算入する。
わいせつの事実 被告人は、深夜飲酒して帰宅途中にたまたま出会ったA(当時15歳)に強いてわいせつな行為をすることを企て、平成20年5月7日未明、京都府舞鶴市(以下略)B株式会社舞鶴工場2号地から南方約50メートル先の朝来川岸付近において、同人に対し、その上着、下着等の着衣をはぎ取るなどし、その際、殺意をもって、その頭部、顔面等を鈍器で多数回殴打するなどし、もって強いてわいせつな行為をするとともに、顔面殴打による多数の挫裂創、顔面骨骨折等の傷害を負わせた
事件名 準強制わいせつ被告事件
裁判所 京都地方裁判所
事件番号 平成18年(わ)第201号
主文 被告人は無罪。
わいせつの事実 被告人は、京都市(以下略)所在のa病院において臨床検査技師として勤務しているものであるが、平成17年7月29日午後1時20分ころ、同病院B棟2階超音波検査室内において、A(当時39年)の腹部超音波検査を行うに当たり、同女において、被告人が正当な検査をするものと誤信して抗拒不能であることに乗じ、上記Aにわいせつな行為をしようと企て、同女に対し、「気になるな。膝を胸に付けるようにしてくれる。」などと申し向けて、同女を検査用ベッドに左側臥させて被告人に対して臀部を突き出す体勢をとらせ、さらに、同女の衣類を脱がせてその肛門部及び陰部を露出させた上、検査器具である腹部プローブを同女の肛門部に押し当て、数回にわたり、同所からその陰核に至るまで腹部プローブを密着させた状態で往復させ、もって、人の抗拒不能に乗じわいせつな行為をした
事件名 強制わいせつ致傷、傷害被告事件
裁判所 京都地方裁判所
事件番号 昭和42年(わ)88号
主文 被告人を懲役弐年六月に処する。
未決勾留日数中百六拾日を右刑に算入する。
この裁判が確定した日から参年間右刑の執行を猶予する。
わいせつの事実 被告人は、京都市南区東九条南松ノ木町四〇番地に妻子と一緒に居住し、義弟にあたる黄金石の世話でくず拾いなどをして働き、その後、昭和四一年四月ころ妻が三男を連れて家出してからは、残る二児を育てながら生活しているものであるが、同年一二月二八日正午ころ、前記自宅前の通路に近所の杉本B子(当時四年)が姉A子とともに通りかかる姿を認めるや、右B子に対し、エツチごつこをしようなどといつて同児を自宅に連れこみ、奥四帖半の部屋において、同児が一三歳未満の少女であることを知りながら、同児のズロースを引きおろしたうえ、その陰部を手指でもてあそび、陰部に陰茎をあてるなどしてわいせつの行為をした

京都市のわいせつ事件に対応しています。

アトム弁護士事務所では、下記のような「京都市のわいせつ事件」に対応しています。

先週、歯科助手の愚息が、公然わいせつの刑事事件で、正当な理由があるとして、京都府警察に逮捕されました。その後、息子の公然わいせつ事件は、京都地検に送られ、京都地裁の判断により、客観的な事実と矛盾する供述を繰り返しているとして勾留されることになりました。弁護士と接見するときの手錠や、留置場と拘置所生活の違いに関して知りたいです。また、息子の歯科助手の資格は資格停止になりますか?
弁理士の父親が、痴漢・強制わいせつの刑事事件で、身体に犯罪の顕著な証跡があるとして、京都府警察に準現行犯逮捕されました。その後、父の痴漢・強制わいせつ事件は、京都地検に送られ、京都地裁の判断により、生活状態が不安定であるとして勾留になりました。息子の弁理士の資格は取り消されますか?また、弁護士と接見するときの手錠や、留置場での土日の過ごし方に関して、弁護士に聞きたいです。
先月、石綿作業主任者の弟が、強制わいせつの刑事事件で、犯人と呼称されていたとして、京都府警察に準現行犯逮捕されました。その後、弟の強制わいせつ事件は、京都地検に送られ、京都地裁の判断により、将来の出頭が十分に見込まれないとして勾留されることになりました。息子の石綿作業主任者の資格は資格停止になりますか?また、弁護士との接見と接見禁止の一部解除や、留置場での自弁に関して知りたいと思っています。
心のケアをする資格を有する愚息が、わいせつのトラブルで、取り調べを行う必要があるとして、京都府警察に逮捕されました。その後、息子のわいせつ事件は、京都地検に送られ、京都地裁の裁判官の判断により、証拠物件の破壊が予想されるとして勾留されました。逮捕と送検の違いや、留置場への郵便物送達に関して、弁護士に聞きたいです。また、息子の心のケアをする資格は取り消されますか?
先日、有機溶剤作業主任者の弟が、痴漢・強制わいせつのトラブルで、合理的な根拠があるとして、京都府警察に逮捕されました。その後、弟の痴漢・強制わいせつ事件は、京都地検に送られ、京都地裁の判断により、具体的な罪証隠滅行為に出る意図があるとして勾留されました。息子の有機溶剤作業主任者の資格は剥奪されますか?また、弁護士と接見できる時間の長さや、留置場での医療費に関して、弁護士先生に相談したいです。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

facebook

わいせつ事件の弁護士活動

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017