逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • わいせつ 名古屋市の弁護士ガイド

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更があります。詳しくはこちらをご覧ください。

わいせつ 名古屋市の弁護士ガイド

名古屋市で起きたわいせつ事件は、アトム弁護士事務所名古屋支部にお任せください。

フリーダイヤルは24時間365日おかけいただけます。携帯電話からも通話可能です。匿名・非通知でも結構です。お一人で悩まず、弊所にお電話ください。

アトム弁護士事務所名古屋支部
所属 愛知県弁護士会
住所 名古屋市中村区名駅4−13−7
西柳パ−クビル3階
最寄り駅 JR名古屋駅(徒歩6分)
名鉄名古屋駅(徒歩4分)
近鉄名古屋駅(徒歩3分)
問い合わせ 0120−631−276
愛知県弁護士会
住所 名古屋市中区三の丸1−4−2
最寄り駅 地下鉄「丸の内」駅1番出口より徒歩5分
地下鉄「市役所」駅6番出口より徒歩7分
問い合わせ 052−203−1651

名古屋のわいせつ事件の弁護士無料相談

ご家族が逮捕・勾留中の方は、弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。名古屋のわいせつ事件でお悩みの方は、下記フリーダイヤルまでお電話ください。

muryosoudan-pctel-pc無料フォームで問い合わせる
kv-muryosoudan
kv-tel

名古屋市のわいせつ事件の取り扱い

名古屋市のわいせつ事件は、通常、名古屋地方検察庁に送致され、名古屋地方裁判所で裁判を受けることになります。

名古屋地方検察庁
住所 愛知県名古屋市中区三の丸4−3−1
最寄り駅 名古屋市営地下鉄名城線「市役所」駅1番出口から徒歩約5分
名鉄瀬戸線「東大手」駅から徒歩約5分
問い合わせ 052−951−1481
名古屋地方裁判所
住所 愛知県名古屋市中区三の丸1−4−1
最寄り駅 地下鉄「市役所」駅から徒歩10分
問い合わせ 052−263−1611

名古屋市のわいせつ事件の裁判例

事件名 強制わいせつ被告事件
裁判所 名古屋地方裁判所
事件番号 昭和48年(わ)1380号
主文 被告人を懲役10月に処する。
未決勾留日数中30日を右刑に算入する。
わいせつの事実 被告人は、昭和四八年七月一九日午後二時四五分ころ、名古屋市中区正木町二丁目一番地正木公園において、ブランコ遊びをしていたA子(当時一〇年)に接近し、同女が被告人を避けて逃げるやこれを追かけ、同公園内の石山付近で同女の手を掴んで引っ張り、嫌がる同女を引きずって付近のベンチまで連れて行き、同所で同女を背後から抱きすくめ、両膝で同女の身体(両脚)をはさみつけて同女の背中・腰部・臀部を撫で廻し、同女が嫌がって暴れるやその顔面を平手で殴打する等し、もって同女に暴行した
事件名 強制わいせつ致傷、殺人被告事件
裁判所 名古屋地方裁判所岡崎支部
事件番号 昭和38年(わ)291号
主文 本件を名古屋家庭裁判所岡崎支部に移送する。
わいせつの事実 被告人は少年であるが、昭和三八年八月○○日午後一時頃、被告人の姉婿○森○夫がその長女○森○子(昭和二九年一〇月二六日生)とその弟○一(当時五年)を伴い、妻の実家である愛知県西加茂郡○○町△△番地の被告人方を訪れた際、単身在宅する被告人に一時右子供らの面倒を託し、右○夫の実兄夫の養子先である近在の○村方に赴いたので、被告人は、旧家屋と別棟になつた新築家屋北東側四畳半の間で、前記○子、○一両名の相手となつて遊んでいるうち、同日午後二時頃に至り○子が同室北側の窓の敷居に腰を掛け、窓辺に座する被告人と秀一の頭や肩を両足で小突いていたずらするのを被告人がとがめて再三注意したが止めようとしないので、これに立腹した被告人は、○一をその場に残し○子を促して同家南側玄関横の四畳半の間に入り、その部屋の南側の出窓に腰を掛けた○子に対し「何故いうことを聞かんか」と厳しく叱責したが、なおも悪びれる風もなく足をばたつかせるシュミーズ姿の同女を見ているうち、にわかに劣情を催し、同女が未だ満一三歳に満たない女児であることを識りながら、同女の左側に身を寄せて腰掛け同女の肩を抱いて体を引付けると同時にその口に接吻しつつ右手を下着の中に差込み、腟内に手指を挿入して強いてわいせつの行為をなし、よつて同女に対し処女膜裂傷の傷害を与えた
事件名 住居侵入、強姦、強姦致傷、強制わいせつ被告事件
裁判所 名古屋高等裁判所
事件番号 平成20年(う)第518号
主文 原判決破棄。
わいせつの事実 被告人は、背後から被害者の口を手で塞ぎ、その頸部や顔面付近にカッターナイフを突き付け、「殺すぞ。」、「刺すぞ。」などという被害者の生命に対する危機を感じさせる強烈な脅迫文言を申し向けるなどしてその反抗を抑圧した上、強姦(うち1件は姦淫の点は未遂)又は強制わいせつ行為に及んだ
事件名 強制わいせつ、傷害、準強姦被告事件
裁判所 名古屋高等裁判所
事件番号 平成24年(う)第19号
主文 原判決を破棄する。
本件を富山地方裁判所に差し戻す
わいせつの事実 被告人は、午後11時40分ころ、富山市a町b丁目c番d号ホテルXe号室において、当時13歳未満であった被害者A(以下「被害者」という。)に自己の陰茎を口淫させるなどしたという強制わいせつ行為をした

名古屋市のわいせつ事件に対応しています。

アトム弁護士事務所では、下記のような「名古屋市のわいせつ事件」に対応しています。

先日、経済学研究者の夫が、わいせつ罪の容疑で、具体的な犯罪事実が明らかになったとして、愛知県警察に逮捕されました。その後、夫のわいせつ罪の事件は、名古屋地検に送致され、名古屋地裁の裁判官の判断により、罪証隠滅の意図が推認されるとして勾留が決定されました。息子の経済学研究者の資格は取り消されますか?また、逮捕とその後の会社での懲戒に関しての話や、留置場からの脱獄に関して、弁護士先生に教えてほしいです。
先月、管理栄養士の弟が、公然わいせつの容疑で、被疑者の所在が不明になるおそれがあるとして、愛知県警察に逮捕されました。その後、弟の公然わいせつ事件は、名古屋地検に送致され、名古屋地裁の判断により、各地を転々と逃げ歩いているとして勾留されることになりました。息子の管理栄養士の資格は剥奪されますか?また、弁護士との接見を写真撮影できるかや、留置場への手紙について、弁護士に教えてほしいです。
先月、麻薬取締官の夫が、公然わいせつの嫌疑で、逮捕状による逮捕の要件を満たしたとして、愛知県警察に逮捕されました。その後、夫の公然わいせつ事件は、名古屋地検に送致され、名古屋地裁の判断により、居所を有しないとして勾留が決まりました。逮捕と任意同行を拒否できるかや、留置場内でのジャージ着用に関して、弁護士さんに教えてほしいです。また、息子の麻薬取締官の資格は取り消されますか?
先月、中小企業診断士の夫が、わいせつの嫌疑で、逮捕状の請求が却下されなかったとして、愛知県警察に逮捕されました。その後、夫のわいせつ事件は、名古屋地検に送致され、名古屋地裁の裁判官の判断により、各地を転々と逃げ歩いているとして勾留されることになりました。息子の中小企業診断士の資格は資格停止になりますか?また、逮捕と逮捕の種類や、留置場への速達郵便について、弁護士さんに教えてほしいです。
海上保安官の兄が、公然わいせつ罪の容疑で、犯罪と時間的に近接しているとして、愛知県警察に準現行犯逮捕されました。その後、兄の公然わいせつ罪の事件は、名古屋地検に送られ、名古屋地裁の裁判官の判断により、事件関係者に対する働きかけが予想されるとして勾留されることになりました。息子の海上保安官の資格は剥奪されますか?また、弁護士と接見できるのに家族とはできない理由や、留置場とダイエットの関係について、弁護士さんに教えてほしいです。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

facebook

わいせつ事件の弁護士活動