逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • わいせつ物陳列罪とは

わいせつ物陳列罪とは

わいせつ物陳列罪とはどのような犯罪でしょうか。また、どのような「物」がわいせつ物陳列罪の対象となるのでしょう。

このページでは、わいせつ物陳列罪の概要について解説します。

どんな法益を守るための罪か

わいせつ物(公然)陳列罪は、健全な性風俗あるいは公衆の性的感情を保護するために設けられた犯罪です。

何が健全な性風俗であるかは、社会によっても変化します。そのことが「わいせつ」の解釈にも反映してきますが、その社会における一般人・通常人を基準にして決定されるとされています。

どのような物が対象か

わいせつ物公然陳列罪の客体は、わいせつな文書、図画、電磁的記録にかかる記録媒体、その他の物です。

わいせつとは、いたずらに性欲を興奮・刺激し、かつ普通人の性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するものをいいます。何がこれに当たるかは、時代と社会とによって変化し、流動的だとされています。

電磁的記録にかかる記録媒体とは、コンピューターによって情報処理されたディスクなどの記録媒体です。たとえば、わいせつ性を除去するように特殊な方法で処理してある映像データが入力されたディスクであっても、簡単にもとの映像に戻すことができる場合には、わいせつな物に当たるとされています。

その他の物としては、たとえば彫刻や、模造性器などがあります。

公然とは

公然とは、不特定または多数の人が認識することのできる状態をいいます。現実に認識される必要はなく、認識される可能性があれば足ります。

たとえば、不特定多数の人が利用する可能性のある空間にわいせつ物を陳列した場合には、たとえ現実には誰もそれを利用しなかったとしても、公然に当たるのです。

陳列とは

陳列とは、人がその内容を認識できる状態に置くことをいいます。内容を認識できるようにするために、何らかの行為を必要とする場合であっても、陳列に当たります。

なお、わいせつ物は、公然と陳列することだけでなく、頒布(はんぷ)することも処罰されます。頒布とは、不特定または多数の人に対して交付したり譲渡することをいいます。

以前は、わいせつな画像のデータをインターネットや携帯電話によって送信することが処罰されるかが問題となっていました。現在では、電気通信の送信によってわいせつな電磁的記録を頒布することは、違法な行為として処罰されるということが、刑法に明記されています。

わいせつ事件を弁護士に無料相談

わいせつ事件など刑事事件で逮捕されしまった方のご家族は、弊所弁護士の無料相談をお受けいただくことができます。

まずは、フリーダイヤルまでお問合せください。24時間365日、専属スタッフがお待ちしております。携帯からの電話、番号非通知の電話もつながります。匿名相談のご希望も承ります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

facebook

わいせつ事件の弁護士活動

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017