逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
無料フォームで問い合わせる LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける
  • HOME »
  • わいせつ 前科を付けたくない

2017年7月13日に改正刑法が施行され、強姦罪・強制わいせつ罪に関して、大きな変更があります。詳しくはこちらをご覧ください。

わいせつ 前科を付けたくない

わいせつ事件の前科に関して、

  • 海外旅行に行けないのでは…
  • 結婚や就職で困るのでは…
  • できるなら前科を付けたくない…

とお悩みの方へ。もう大丈夫です。

わいせつ事件を起こしてしまったとしても、弁護士を付けて、早期に被害者と示談をすることで、前科が付かない可能性を高めることができます。

わいせつの前科をつけないために大切なことは?

わいせつ事件を起こしてしまった方が、できることなら強制わいせつ罪や公然わいせつ罪の前科を付けずにやり直したいと願うのは、人の心理として当然です。

では、わいせつ事件で前科を付けないためには、何をすることが大切でしょうか?

この点、わいせつ事件で前科を付けないためには、被害者と示談をすることが大切です。被害者との示談が無事成立すれば、不起訴処分で事件が終わり、前科が付かない可能性が高まります。

わいせつ事件と前科
強制わいせつ 公然わいせつ
示談なし 刑事裁判になる
→ 懲役前科が付く
略式裁判になる
→ 罰金前科が付く
示談成立 告訴が取り消されれば前科が付かない 実質的被害者が許してくれれば有利になる

もっとも、わいせつ事件で前科を付けないためには、検事が事件の終局処分の方針を決める前に、示談を成立させなければなりません。

特に、強制わいせつ事件の場合は、示談と一緒に告訴の取り消しができるのは、事件が起訴される前に限られます。早期の行動が大切です。

このような相談に対応しています。

当事務所では、わいせつ事件と前科に関連して、次のような相談に対応しています。

夫がわいせつ事件で警察に捕まりました。このままわいせつの前科が付けば、今後、私達はもう海外旅行には行けないのでしょうか?前科と海外旅行の関係について知りたいです。
公然わいせつをして警察に見つかりました。公然わいせつの罰金前科が付けば、結婚や就職で不利ですか?前科や前歴があることは、普通の人でも調べることができるのでしょうか。
公然わいせつをしていたら警察に通報され、取調べを受けました。このままでは罰金になると聞いています。私は公務員なのですが、公然わいせつの罰金の前科でも公務員を懲戒解雇されるのでしょうか。とても不安です。

よくある弁護士相談

通勤途中、電車内でOL風の女性のお尻を触り、現行犯で逮捕されてしまいました。

実は、ストレスが溜まるたびに、電車内で女性のお尻を触ることを繰り返してきました。幸い、今まで捕まらずに来ましたが、最近は触り方が大胆になってきたと、自分でも感じていました。

今回も、ストレスが溜まっていたところに、駅のホームでスタイルがよく綺麗な女性を見かけて、触りたくなってしまったのです。

ホームでその女性に近づき、電車に乗ってからは女性の左斜め後ろに立ちました。電車が混むのに乗じて、右手を女性のスカートの上へ持っていき、まずスカート越しに触りました。抵抗されなかったので、次に太ももに手を伸ばし、スカートの中に手を差し込みました。そして、下着越しに女性のお尻を触りました。

すると、右側から手が伸びてきて、私の右腕が掴まれ、スーツ姿の男性に「今、痴漢をしていましたよね」と言われたのです。言い逃れをすることもできず、次の駅で降ろされ、駅事務室、そして警察署へ連れていかれました。

取り調べでは、自分のしたことを素直に認め、そのまま強制わいせつ罪で逮捕されました。

前科がつくと、会社をクビになってしまいます。それは避けたいので、前科がつかないようにしてほしいです。

よくある解決パターン

警察から連絡を受けた妻がアトムに依頼してくれて、弁護士がすぐに接見に来てくれました。

事情を話したら、「示談をして告訴を取り消してもらえれば、不起訴になり、前科もつきません。」と言ってくれました。弁護士は早速、検察官から女性の連絡先を入手して、女性と示談交渉を進めてくれました。

女性は当初は怒っていましたが、弁護士が私の反省の情を伝えて粘り強く説得してくれたお陰で、最終的に納得して示談に応じてくれました。告訴も取り消してもらうことができ、間もなく釈放されました。

刑事処分も不起訴になり、前科もつかず、元通りの日々を送ることができています。妻がすぐにアトムの弁護士に依頼してくれて、助かりました。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

このページをご覧の方におすすめの記事

このページをご覧の方におすすめの記事

わいせつ事件でお悩みならお電話を

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

弁護士に相談するメリット

弁護士に依頼するメリット

アトム弁護士事務所の特徴

無料相談から解決の流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ

わいせつ事件は時間との勝負です

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

強制わいせつ事件では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。親告罪である強制わいせつ事件では、起訴前に弁護士が付いて、被害者と示談が成立し、告訴取消となれば、100%不起訴になります。親告罪である強制わいせつ罪の起訴には、被害者側の告訴が不可欠だからです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金は科されませんし、前科もつきません。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑になります。

わいせつ事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧め致します。刑事事件を専門的に扱うアトムなら24時間365日、専属スタッフが相談ご予約の電話をお待ちしておりますので、いつでもお電話ください。

解決までの流れ
無料相談あり。24時間365日営業 フリーダイヤル0120-631-276無料フォームで問い合わせる

アトムのLINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

無料相談

facebook

わいせつ事件の弁護士活動